ホーム>新着情報>2014年12月

2014年12月

ピチットシートを使って生ハムを作りました。

生ハムはお好きですか?

生ハムは美味しいし、サラダや料理に色々使えますよね。

しかしながら、高い!のと添加物が多いので沢山は食べれません。

では、自家製の生ハムを作りましょう。

生ハム カットした。.jpg

材料、道具

1、豚ももブロック(食べたい量)

2、天然塩(前処理とソミュール液に使います)

3、砂糖(ソミュール液に使います)

4、月桂樹の葉(ソミュール液に使います)

5、ピチットシート(熟成に使います)

ピチットシート.jpg

6、スピリタス(アルコール分96%のウォッカ)(消毒に使います)

プピリタス.jpg

 

作り方

1、豚ももにまんべんなく塩をまぶします。ラップをして冷蔵庫に一晩置く。

2、豚肉をソミュール液につける。ソミュール液は濃い塩水液のことで、

  今回は300MIの水に15%濃度塩水(45g)、7%砂糖水(21g)を混ぜ

  そこに月桂樹の葉を2枚くらい入れる。

  ジップロックに豚肉とソミュール液を入れ、なるべく空気の入らないように密閉する。

  漬け込む期間は1週間。

3、塩抜きをします。ボールに水を入れ、2の豚肉を入れて一晩置く。

4、豚肉を取り出し、キッチンペーパーで水分を取り、スピリタスで消毒作業をします。

5、4をピチットシートで巻き、冷蔵庫に置く

生ハム冷蔵庫.jpg

6、ピチットシートの交換は

  次の日、さらに3日後、さらに3日後、さらに1週間ごとに交換をする。1か月から2か月で熟成を

  します。交換時には スピリタスで消毒を行います。

 

仕上がりは甘みのある美味しい生ハムが出来ます。出来るだけ薄く切って食べると良いです。