ホーム>新着情報>2013年3月

2013年3月

HC染料入りのヘナ&ハーブについて(ジアミンは使っていません)

前回のブログで紹介しました厚生労働省認可のヘナ&ハーブそしてHC染料入りの染料

ですが、ジアミンフリーで、結構濃い色が出せますし、アレルギーに関する安全性も満足行くものでした。

(ただし、天然成分100パーセントと同じくパッチテストは必要です。)

HC染料の短所であります色落ちさえ考えなければ、優れたものです。

加温時間も約30分とお客様にとっては負担の少ないものとなっています。

今後、濃い色をお望みで、ジアミンンフリーをお望みの方にはお勧めするように

したく思います。

ヘナ 色のバリエーションについて。

ヘナにこだわり、天然成分100%にこだわっておりました。

、100%天然成分にこだわると色のバリエーションは

ナチュラルヘナのオレンジ

インディゴの藍色

その他のハーブ 黄色

その色の組み合わせで色を作るのが基本スタイルになります。

ですので、ヘナのメーカーはライトブラウン、ブラウン、ダークブラウンが

調合によって作り出されていますが、ダークブラウンは髪との相性で

くすみが出たり、染まりが悪かったりという事例があります。

濃い茶色というのがやっとの状態です。

そこにやはり黒が欲しい、もっと濃くとの要望があると

出来ないとお断りすることになります。

そこで、今までずっと考えていたのがHC染料です。

普通のヘアダイに使われているジアミンではなく、安全と言われております。

ヘナ、ハーブ、HC染料の混合されたものが厚労省認可となっています。

ヘアダイはしたくない、また、髪にダメージがあるから避けたい。

なおかつ、黒く染めたい。そのような方には良いのかなと思い、

本日、そのメーカーの方とお話しがあります。話によってですが、

お客様により良いメニューが提供できればと思います。

最近の問題の傾向は、アレルギーです。

そこがクリアされればと思います。

たのしみです。