ホーム>健康で美しい髪と体を求める貴方へ>スタッフの日記>イッチノン110(ガンマの油)の経験
スタッフの日記

イッチノン110(ガンマの油)の経験

ガンマの油は「イッチノン110」が正式名称です。

それを身内で飲んでもらい、凄いと感じた事を記します。

それは白血球の回復力です。

放射線治療、抗がん剤との併用によって凄い力を発揮しました。

肺がんで放射線治療と抗がん剤を使用した際にイッチノン110を併用しました。

当然、放射線治療や抗がん剤を使用すると白血球の減少が見られます。

凄く減り、心配になります。

でも、「イッチノン110」飲んでいるとその白血球の戻りが早いのです。

義父が肺がんで治療しているときがそうでした。

余りにもの白血球の回復が早いので、医師が病室に来て尋ねるのです。

何か飲んでいますか。と。

こうゆうものを飲ませています。と説明し納得していただきました。

医師が薬を検索するサイトでも「イッチノン110」は

「薬」でなく「健康食品」であるにも関わらず掲載されています。

それは本当に珍しいことだそうです。

その理由はイッチノン110が透析患者さんに絶大な支持があるからです。

特に痒みに対する薬が無いため、イッチノン110の事に関して、医師へ問い合わせが多いためです。

 

その後義父は転院し治療を続けました。肺がんと放射線治療とイッチノン110を併用して

一時は肺がんが消滅するまでに至りました。本当に驚きでした。

その時、ホッとしたのですが

しばらくしてスキルス性の肺がんに襲われなくなってしまいました。

亡くなって、残念でしたが

白血球の戻りに関してはビックリさせられた経験をしたのでした。

 

イッチノン110の購入画面へ

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.takumaro.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/580