ホーム>健康で美しい髪と体を求める貴方へ>スタッフの日記>猫ちゃんにもイッチノン110
スタッフの日記

猫ちゃんにもイッチノン110

先日愛猫家の方よりご質問がございましたのでご紹介いたします。

猫ちゃんの腎臓にイッチノンは効くか。とのお問い合わせでした。

イッチノン110は微生物由来のガンマーリノレン酸です。
巷にある市販のガンマーリノレン酸は植物性です。
名前は同じでも、不純物が多く、細胞への到達が悪く
効果に疑問が残るものです。
イッチノンは腎臓に心配のある人に支持されております。
血流の改善に関しては特許が下り、その作用は腎臓には
本当に必要な作用となります。
腎友会と言う透析患者の患者会からも
毎年講演をお願いされる状態です。
(患者からの要望です。メーカーからの売り込はしていません)
ですので、猫ちゃんにも十分対応が可能です。と言うより、ぜひお薦めしたいものです。
また、猫ちゃんにはガンマーリノレン酸が必須です。
人はリノール酸を体内変換をしてガンマーリノレン酸を作るのですが
(最近は作れる方が少なくなり、アレルギーが出やすくなりました)
ネコ科の動物はその体内変換が出来ません。
では、どのようにして摂取するか。
それは昔の猫ちゃんはネズミの内臓から摂取していました。
ですので、現代においては具合の悪い猫ちゃんはとても元気になります。
以前、猫ちゃんのフードにガンマーリノレン酸を入れるとの
引き合いがあったらしいのですが、あまりにも高額なフードとなるため
見送られました。
さて、
内容成分は
シルシロイデス油(微生物由来のガンマーーリノレン酸の事です)
大豆油
ビタミンE
カプセルはゼラチンです。
体重50kgに対して6粒で計算してください。
カプセルが硬くて、、、。の場合は
お湯に漬けると少し柔らかくなりますので
カプセルを切って、中のエキスを猫ちゃんの好物に混ぜてください。
猫ちゃんのご健康を願っております。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.takumaro.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/555