ホーム>新着情報

新着情報

花水木の魅力に感動しました。

 
 4月26日火曜日

 とっても良いお天気でしたので、81歳の母と一緒に、館林のお気に入りのパン屋さんまで買い出しがてら、近くのつつじが岡公園にも行ってみる事にしました。
  栗橋から館林へ行く道々、太陽を浴びたつつじ&藤&薔薇&牡丹&こでまり&花水木……等、たくさんの花が綺麗に咲いていました。
  しかし館林に入ると平日でも凄い渋滞です。目的のパンを買ってしまうと、この渋滞に参加する気が無くなってしまい、

 『今日は十分にお花見出来たので、つつじが岡公園は次回にしよう!』
  と帰り道アピタに寄ってみたら、素晴らしい花水木の大木に感動してしまいました。
  『キャー。素敵! 花水木ってこんな綺麗な花だった? 桜に負けて無いです!』
  初めて素敵なお花だと思いました。2016513202241.jpg2016513202353.jpg素晴らしい!2016513202440.jpg

商品の決済方法にクレジット対応が加わりました

今までの商品の決済方法は

・銀行振り込み

・代引き

に限られていましたが

ホームページのリニューアルに伴い、

クレジット決済が加わりました。

これからも今までと同じく、

税抜き7000円以上のご購入の方は

送料無料、代引き手数料無料ですので

クレジット決済以外もどうぞご利用くださいませ。

ホームページをリニューアル致しました。

ホームページをご覧いただきありがとうございます。

スマホ対応にホームページをリニューアルしました。

引き続きご訪問をお待ちしております。

KALDI パクチーポテトチップスを食べてみた

カルディーコーヒーファームが作ったポテトチップスが入手困難との事で

息子が食べてみたいと、

先日久喜市菖蒲地区にありますモラージュ内のKALDIに行き捜しに行きました。

そうしたら、なんとありました。

なぜか入手困難なはずのパクチーポテトチップスが箱で置いた有りました。

息子の話では都内はまずないとの事。

地方のKALDIにちらほらあるとの事でしたので、ここは穴場かぁぁ!と30袋の箱買いをしようとしました。

箱の上の6袋とひと箱30袋をレジにお取り置きをして安心したところで

店員さんは裏からもう2箱持ってきて、私たちがごっそり買った後に商品を積み上げていました。

アレ?入手困難なはずなのに沢山あるみたい。???

はて。不味かったらどうしようと不安になりました。

カオルは以前台湾でパクチーの生を食べたことがあるらしく好き嫌いが別れるものと思ったらしく

会計前に1袋だけ味見で購入し試してみました。

店の前のべンチに腰かけ、

ポテトチップスで不味いと」いうことは考えたことは」なく、ウキウキ気分で袋を開け、

パクチーポテトチップスを一口食べてみました。

独特な風味がお口いっぱいに広がり、

気分はというと、今までレアの商品が買える喜びが一気にDOWN。

重苦しい感じになりました。「一袋食べれるだろうか。」

カオルもそんなにおいしそうに食べてはいません。

「どうする?36袋」

食べられる自信は全然ありません。6袋だけ買うことにして

箱は買わないことにしました。

家に帰り、息子は6袋も買ってきたことに驚いた様子で

おいしそうに食べてました。嫌いではないようです。

家に遊びに来たお友達に入手困難のポテチということで

振る舞いましたが反響はいまいちとの事。

好き嫌いがしっかり分かれるポテトチップスでした。

20160310211909.jpg

 

 

 

 

 

 

頭がくるくるなので?鳴門の渦潮を見てきました。

鳴門の渦潮を、、、。のタイトルですが

本当は大塚国際美術館に行ってきました。

と書いて、名画の数々をUPする予定でした。

最近、頭が渦潮のようにクルクルなので、よく確認をせず

徳島まで行ったのにメインの大塚国際美術館が臨時閉館なのを把握せずに

出かけ、美術館に着いてはじめて閉館が判った次第でした。

本当に自分の馬鹿さ加減にうんざりするくらいでした。

でも、言い訳をさせていただくとPCのホームページを見て、

重要なお知らせという欄が有り、そこには臨時閉館について全然触れていないのです。

ただ、スマホからホームページに入るとばっちり書かれていました。(泣)

開館カレンダーを見なかったのは頭がくるくるの理由です。

失意の中気を取り直して美術館至近の渦潮を見に行きました。

東洋一のエスカレーターに乗ってまでが良いのですが展望台が風が強くて寒い寒い。(エスカヒルという観光名所)

別のルートで渦潮を真近で見るところがあるのですが鳴門大橋の下を歩くので吹きっさらしで寒いのなんの。

そのあとは第一次世界大戦中のドイツ兵の捕虜収容所の後に出来た鳴門市ドイツ館

に行き、ベートーベン作曲「交響曲第九番」の、日本初演の地ということを知り、昔の日本人の素晴らしさを感じ、

大谷焼を見て、徳島ラーメンで有名な「いのたに」に行き、

大塚国際美術館が休みと判る前には天然鯛の鯛丼を食べ、それなりに徳島を満喫して

日帰りで帰ってきました。疲れたのなんの。

鯛丸海月 天然鳴門鯛どんぶり 1300円

鯛が分厚く新鮮で甘い。有名なワカメはやはり美味しい。

観光地値段が多い中、コストパフォーマンスは良いほう。

鯛丸海月 鯛丼定食.jpg

海が見えると癒されます。

鯛丸海月からの景観.jpg

エスカヒルを登った後の展望台からの鳴門大橋 先に見えるは淡路島。

風が強くて寒かった。

鳴門大橋.jpg

渦潮 いろいろなところに渦が見える。季節、時間帯が悪いのか大きいのは見られなかった。

渦潮の渦.jpg

渦潮 潮の流れが強く、ソーダのように泡立っている。

渦潮.jpg

徳島ラーメン

いのたに鳴門店 肉入り中華そば650円

すべて茶色というようなラーメン。見た目より意外とあっさり。個人的には食べ慣れない。

徳島ラーメン.jpg

エスカヒルで食べた

金時芋ソフトクリーム 300円

温かい芋の上に冷たいソフトが乗っている。

鳴門金時ソフトクリーム.jpg

インフルエンザ感染のため臨時休業致します。

インフルエンザになってしまいました。今まで10年以上かかっていなかったので

ショックです。

ご予約いただいたお客様には大変ご迷惑をおかけいたします。

お客様にご迷惑をおかけすることが病気になったことより一番気持ちが沈んでしまいます。

本当に申し訳ございません。

お客様が比較的年齢層が高いので移してしまうと大変です。

そう思って納得しようとしています。

 

ドクターストップが2月5日(金)までです。

2月6日(土)からは通常営業致します。

法事であきる野の黒茶屋に行きました

12月20日なのに秋川渓谷の紅葉を楽しむことが出来ました。

今年は本当に暖かいそうです。

法事のお斎であきる野市の黒茶屋に行きました。五日市の駅が近いです。

秋川渓谷の自然を利用した自然があふれるお食事処です。

炭火焼か乏ば朴葉焼を選ぶことになるコース料理です。

今回は法事でしたので法事用のコースが良いかと思いましたが

予約の際にお伺いすると法事コースは朴葉焼のコースに1品

付くだけなのだそうです。

今回は朴葉焼のコースにしました。足りなければ単品で注文すればと

思いましたがコースの料理だけでかなりお腹が一杯になりました。

最後のデザートはやっとお腹に納めました。

スタッフの方は駐車係の方から至る所まで丁寧な対応をしていただきました。

食事のお味は創作的な料理で美味しいです。少々お味が濃い感じです。

お酒飲みにはちょうどです。

建物は古い感じをうまく使っていて雰囲気は良いです。

昔は養蚕の建物だったそうで、そのような雰囲気が出ています。

トイレの鍵が今では見かけないような犬小屋に鍵をかけるようなフックだけのものです。

そこが少々びっくりしました。

食事の後の散歩には紅葉やお土産屋さんを見てお腹を楽にして帰りました。

普段お出かけをしていないので久しぶりにお出かけ気分を味わいました。

黒茶屋1.jpg黒茶屋2.jpg黒茶屋3.jpg

年末年始の営業について

年末の営業は30日(水)までとなります。

新年の営業は6日(水)からとなります。

どうぞよろしくお願い致します。

筑波山でハイキング

先週の太平山でのハイキングで筋肉痛にならなかったので、

自信がつきました。

今回は筑波山でハイキングをしました。

筑波神社付近には公営、民間の駐車場が沢山あります。

そこを利用して、ハイキングに出発です。

筑波山神社からつつじヶ丘まで、一番道が平坦な「迎場コース」を行きました。

登り60分、下り40分のコースです。

道は良く整備されており、道を間違える心配がありませんでした。

つつじヶ丘に着くと大きな蛙さんが出迎えてくれました。

また、レトロな遊園地もあり、一気に昭和40年台に戻ったような気持ちにさせてくれました。

20151013_141207.jpg

20151013_141655.jpg20151013_141955.jpg

太平山にハイキング

日頃の運動不足の解消のため、

大平山に行きました。栗橋から大平山までは車で約45分。

思ったより近い印象です。

大平山は幼稚園や小学校の遠足に使われる登りやすい山の印象があります。

気楽に山を楽しみながらのハイキング。

でも、それは運動不足の者には当てはまりません。

葡萄団地入口付近にはヨークベニマルなどのショッピングモールがあり

「帰りにはお買い物をしますので勘弁してください。」と心の中でおもいつつ。

そこに自動車を止めて出発しました。

登山口入口からいきなりの石段が続きます。

そこで既に足が酸欠状態になり、足が上がらなくなり重ーくなります。

まだ、序の口なのに弱音が出てきそうでした。

石段の途中で小学校の遠足集団とすれ違います。

山のあいさつの「こんにちは」を小学生は連続攻撃で浴びせてきます。

こちらもいい人ぶって笑顔で答えましたが

息が上がっているところでは辛いものです。

昼頃の出発で遅めでしたので、途中の卵焼きや団子には目もくれず

謙信平を少し見て、大平神社、太平山山頂付近の浅間神社目指しました。20151006_130405.jpg20151006_134342.jpg

 

ぐみの木峠で大中寺に向かう予定でしたが、先日の大雨のせいで土砂崩れが出来てしまい

通行止めで仕方なく、晃石山を目指しました。遠回りになりますので、およそ70分のロスタイムです。

ようやくの晃石神社到着が3時になってしまい、急いで山を下りることにしました。

写真など撮っている暇などはありません。

ひたすらに下りて清水寺を目指します。晃石神社から清水寺まで急な坂道で道も

ちょっと判りずらいです。平日のせいか人が全然居りません。

どっちに行ったらよいか悩むところが2か所ほどありました。

夕方になりかけてましたのでちょっと怖く感じました。

さすがに太平山で遭難騒ぎは恥ずかしいな。という思いがよぎりました。

民家が見えてきたときにはすごくほっとしました。

慣れていない者にとってはとても勉強になるハイキングでした。

山を甘く見てはいけないと思いました。

さて、次の日の筋肉痛を覚悟しましたが痛くありません。

年のせいでしょうか。恐らく2日後か3日後に痛みが出るのでしょう。