ホーム>新着情報>スタッフ日記>ムカゴを収穫
スタッフ日記

ムカゴを収穫

ムカゴをご存知でしょうか。自然薯とかヤマノイモとも呼ばれるようですが

私は昨年まで知りませんでした。

お客様より頂いて、存在を知ったのですが妻の実家の庭に沢山生えているではないですか。

庭につる性のものが沢山生えて邪魔でしょうがなかく、見つけたら引っこ抜いていましたが

食べられることがわかったら一転、大切に育てるようにしました。

「むかご」の画像検索結果

ムカゴは零余子と書き、ヤマノイモ科のつるの部分につく肉芽で

同じヤマノイモ科のムカガシュウと間違えやすいようです。

ムカガシュウのそれはゴツゴツしていてその味は苦いので、すぐ判るようです。

ムカゴの根は自然薯と呼ばれ、その名前の方が有名です。

ムカゴ(零余子)の料理方法はいろいろあるようですが

もち米の玄米と少しのお塩で炊いてあげるとお赤飯のような香りが楽しめました。

それを納豆で食べると素朴な美味しさで自然の美味しさを感じます。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.takumaro.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/576