ホーム>新着情報>2018年12月

2018年12月

水道の漏れの原因究明は難しい

先日、水道メーターの検針があり、検針員のお姉さんが

金額が倍になっているよ。と教えてくれました。

実はその前日、洗濯機の水を出しっぱなしにして帰ってしまい

12時間出していました。

おそらく、それが原因だと話しましたがお姉さん曰く、

そのくらいで倍にはならないよ。との事

お客様の田沼商店さんにお願いをしてお店の定休日である

第3月耀と火曜日を工事日にして、対処していただきました。

事前に床下の漏れの確認は私が床下を四つ這いで探しましたが水の溜まりが無く

床下、そして大部分の内部は白と判りました。浴室だけは床下が無く、未確認でした。

田沼商店さんにそのことを伝え、可能性の高い箇所を一つ一つ探してゆきました。

土を掘り、また、コンクリを斫り、をやっていた時に工事担当の方が何かを感じたのか

排水升を開けると、水を使っていないにも関わらず排水があるのです。

そうしたら、工事担当の方が風呂の下ではと、それが第一オピニオンです。

まるで謎解きです。

素人の私には給水と排水が何故つながっているの???でしたが、

そのようなケースは風呂の下の漏水が可能性としてあるとの事でした。

しかし、原因が判ったと思って喜んだのは束の間、お風呂の桶の栓から水を流すと

違うパイプから水が流れてくるのです。

考えを改めて、先程の排水升の上流の升を見ると、ありました!

水が噴き出ているのです。私には説明されて判ったのですが。

その周辺のコンクリを斫り、ようやく原因となる個所を特定できました。

修理していただき、写真を撮って、役場に申請をすると、漏れた分の水道代金が

還ってくるそうです。申請の代行もして下さり助かりました。

店は水が止まると営業が出来ないので、休みの間に工事を完了して下さって

感謝しております。

工事期間中、ずっと檻に入れられて、自由が無かったブル助が

工事が終わったあと、大喜びで走り回っていました。