ホーム>新着情報>2015年9月

2015年9月

ミニチュアダックスの椎間板ヘルニアを針治療

ミニチュアダックスのレット君は夏の間

お店のブル助と遊んでいました。お店の横の空き地で放し飼いなので

お店の前を通る方やお客さんが随分と可愛がってくれました。

3か月も猟犬と一緒に遊んでいましたので随分と鍛えられたなぁ と

思っていたら、晩御飯の時に座ってご飯を食べていました。(普段は立って食べています)

いつもの姿勢と違うなぁ と思っていたら後ろ脚がへろへろの状態に

なっていました。昼までは元気だったのでびっくりです。

早速いつものかかりつけの動物病院

加須市の高橋動物病院にかかりました。

診断は椎間板ヘルニアとの事。

グレードは5段階有って、軽い方から重い方へ

数字が大きくなります。

レットは左の後ろ脚が特に麻痺があり、獣医さんが左足の先を強くつねっても

何ともない表情です。尻尾は振れていたのは幸いでした。

診断はレットは軽い方でグレード2との事でした。

手術までは必要がないとの事でした。

高橋動物病院さんではステロイド剤、ビタミン剤、健康補助食品が出ました。

 

ネットで調べると針治療もヘルニアに効くとあったので、

早く治してあげたい一心で川越のじゅん動物クリニックに掛け持ちでかかりました。

動物の針治療をしてくれる先生は少ないので、久喜から一番近くて川越でした。

結果は思ったよりずいぶん早く治りました。1週間でやっとですが歩けるようになり、それから徐々に歩きもしっかりし

今はしっかり走っています。

高橋動物病院は3回、じゅん動物クリニックは6回かかって、

発病から1か月と10日でほぼ完治しました。

高橋さんもじゅんさんもとても良心的な治療費でした。

ちなみに針治療は30分位の治療で治療費もホームページに明記してあります。

愛犬が元気になってほっとしております。獣医さんありがとうございました。

 

加須市の高橋動物病院は院長先生と女医さん3人居て、年中無休なので安心してかかれます。

川越市のじゅん動物クリニックは女医さんで優しい先生です。

jun.jpg

 

 

治ってくつろぐレット君

ret.jpg

台風18号の大雨、つかの間の虹

台風18号の影響で埼玉でも大雨でした。

近くの道路が冠水し長靴で駐車場に行かねばならない状況になりました。

こんな冠水は初めてです。

そうこうしているうちに急に晴れてきて、

冠水していた道路が見る見るうちに水が引けていきました。

久喜市の下水能力は素晴らしいと思いました。

(冠水したことの可否は含めないとします。)

 

さて、久しぶりに虹が出ました。

わずかな間でしたが二重の虹でした。

たまには空も見るものですね。

虹.jpg