ホーム>健康で美しい髪と体を求める貴方へ

健康で美しい髪と体を求める貴方へ

ガンマの油とは

ガンマの油はガンマーリノレン酸の事のように思われますが「微生物由来のガンマーリノレン酸」

のみを指します。

ガンマーリノレン酸として出回っている物はいくつかに分類されます。

大まかに言えば植物由来のものと微生物由来のものです。

月見草や、ボラージなどの植物由来のものは多く出回っており

比較的安価で手に入ります。

しかしながら、不純物が多い欠点があります。

多少不純物が多くても良いのでは、、、。と思われますが

違うのです。

それは微生物由来のガンマーリノレン酸の誕生から説明します。

なぜ、微生物由来のものが誕生したかは20年以上前にさかのぼります。

当時の通産省からの要請で純度の高いガンマーリノレン酸の開発を始めました。

それは純度の高いガンマーリノレン酸の将来性が期待からのものと

植物由来のものが純度の低さ、生産性の不透明(生産国の信頼度、農薬など)からくるものでした。

開発には製薬会社が何社も始めましたがそれは難しく研究を断念してゆきました。

その中で研究を成功させた会社がありました。

出光興産でした。石油の会社の出光です。

研究資金が潤沢で成功したようです。

その生産方法は現時点でも失敗することもままあるらしく、本当に難しいものだそうです。

それを販売し始めたのが(株)コーワテクノサーチの川岸社長です。

医療機関に試してもらうために随分回ったそうです。

どの医者も信用をしてくれなかったそうでそれは苦労したそうです。

ある時、お医者様(筑波大学の飯島先生)に説明をしていた時にその話を聞いていた人がいたそうです。

その人は医療機器の納入業者で透析もしている人でした。

その人が「私に飲ませてください」とお願いをしたそうです。

その方が透析の痒みが違うと言い出しました。

その研究を飯島先生が始め、学会での発表で、医療界が騒ぎ出しました。

飯島先生をはじめ、多くの先生がその製品を使っての研究が沢山出され今なお研究が続いています。

そのメカニズムは細胞への働きかけに関係します。

人間のあらゆる器官は細胞で作られています。

その細胞一つ一つに働きかけるのですが不純物が多いと細胞への到達が

阻害されるそうです。

ですので、植物由来のガンマーリノレン酸では学会で発表されたようになるかどうかは

わかりません。

微生物由来のガンマーリノレン酸はこちら。

 

 

 

 

 

高校生のちょこっと編み込み

編み込みがブームですね。

当店に今年高校入学のお嬢様がいらっしゃいました。

お住まいが地元ではありませんが

日系ブラジルのとても可愛らしいお嬢様です。

前髪を作って少しですが編み込みをしています。

amikomi1.jpgamikomi2.jpgamikomi3.jpg

お顔の老化防止~目の周り編

お顔の筋肉の老化。

聞くだけでも嫌ですね。

簡単にチェックできますので、ぜひ試してください。

まず、眼球を最大限動かして、左右の視野を確認してください。

どうでしょうか?

左右の視野が一緒ですか?

かなりの方が左右の視野が違います。

違う方は目の周り、ここでは眼輪筋のコリを取ります。

まぶたの上あたりを触ると骨に当たると思います。

骸骨

ガンマリノレン酸製剤は微生物由来のイッチノンを選びなさい

ガンマリノレン酸製剤は原料によって分けることができます。

ひとつは月見草由来のもの。もう一つは微生物由来のものです。

世間に出回っているガンマリノレン酸製剤の大部分は

月見草などの植物由来です。

ただし月見草などの植物由来のものは不純物が多いという欠点があります。

また、月見草の生育する環境に左右されやすいのです。

効果は不純物が多い点、純度の問題点から劣ると言われています。

値段は安いですが。

ガンマリノレン酸の効果は細胞一つ一つに現れてくるといいます。

不純物が多いと、先に不純物が細胞にたどり着き細胞のアンテナに当たるものを

正常に動かすことが出来なくなるので、月見草由来は結果が?になってしまいます。

 

それに対して、イッチノンは微生物由来です。微生物からの製法は難しく

開発当時多くの製薬会社が名乗りを上げ研究をしましたが

ほとんどが断念をしてしまいました。

その中で、出光興産(化学会社ですね)が研究に成功しました。

それがイッチノンです。

今でもその製法は難しいと言われていますが

不純物が少なく、正常に細胞に働きかけができるガンマーリノレン酸製剤なのです。

ですので、多くの健康食品製剤が現れては消える中で

特に腎臓疾患の方に多く支持され、ドクター専用の医薬品情報サイトに唯一健康食品なのに情報公開されています。

数ある健康食品の中で「イッチノン」だけが20年以上も変わらずに愛用され続けているのです。

イッチノンの詳細、購入はこちらをクリックしてください。

イッチノンは飲んで元気に、塗って楽に、そして綺麗になる。

ヒロ美容室ではガンマリノレン酸の商品を多用しています。

飲むイッチノンに対しては、たくさんの事例をお客様よりうれしい報告が上がってきています。

健康365に掲載した内容もほんの一部にすぎません。ちなみに私自身は10年前に脳に血管の奇形が見つかってしまい、

何かあったら怖いので、血管を若く保つために飲むイッチノンを続けています。

飲むイッチノンの詳細はこちらをクリックしてください。

 

塗るイッチノンは主にエステの施術には欠かせないものになっています。

カオルが持つエステの国際免許であるシデスコインターナショナルの養成する学校で

カオルが教えていた時でも、この塗るイッチノンは最強の化粧品として活躍していました。

ヒロ美容室でも賦活作用に優れた最高の化粧品として使用しています。

化粧品としてのイッチノン シングルセルエッセンスの詳細はこちらをクリックしてください。

 

また痛み、動きの悪さなどの不具合の箇所を

楽にするのにもとても重宝しています。

最近は特にこの使い方が人気になっています。

体を楽にするイッチノンBCOの詳細はこちらをクリックしてください。

 

イッチノンは健康食品として20年以上ものロングセラーとなっています。

健康食品の世界では20年以上も変わらずに販売されているものはほとんどないそうです。

それほど、信頼感があり支持されている方が多いのかと思います。

そのベースがあるから、化粧品として、不具合の箇所の調整に使わせていただいても

期待を裏切らない結果が得られるのです。

「ガンマの油」特集 健康365掲載記事内容です。

以前のブログで健康365という健康雑誌の取材を受けたとの話を載せましたが

その、掲載内容です。体験者は私の母です。健康診断の数値で顕著に改善されたのでご紹介させていただきました。

ヒロ美容室にいらした頂いているお客様にも糖尿病から来る壊疽にもとても良い事例があります。

とても良いものなので気に入って飲んでます。

飲み始めますと便が緩くなる方がいらっしゃいます。腸壁に作用するのが一番早いためです。

ただ、私はお腹が下りやすいので、粒数を半分にしています。(通常食後2粒ですが私は1粒です。)

母はお腹が大丈夫なので、食後2粒ずつ飲んでます。

 

[ガンマの油」のご購入はこちらをクリックしてください。

商品説明画面に移動します。

 

以下は記事の内容です。

 

 

 

体験者治療で改善しない慢性膵炎の数値がガンマの油で低下し

甲状腺・腎機能も異常なし

 

北野和代さん(私の母です)

 

激しい痛みに悩まされて診察を受けると膵炎と診断され治療を開始

 

「ガンマの油を飲んだ母は、薬を飲んでもよくならなかった慢性膵炎と甲状腺の異常が改善されました。ほんとうにありがたいです」

そう話すのは、埼玉県久喜市に住む美容師の北野卓磨さん(四十八歳)。

北野さんは、国際的なエステティシャンの資格を持つ奥さんのかおるさんと「ヒロ美容室」を営んでいます。

お母さんの和代さん(七十九歳)が、ガンマの油を飲んで慢性膵炎が改善した経過について、卓磨さんにお話をうかがいました。

「母は、いまから二十年前の五十九歳のときに、慢性膵炎と診断されました。

膵炎を診断するときに使う検査値である血清アミラーゼ(基準値は四〇〜一三二)の数値が二一四もあったのです。

母はいつも、『慢性膵炎はとても怖いと言っていました。ただ、数値が全然下がらないのはきっと体質のせいだろう』といっていました」 

慢性膵炎は、インスリンという血糖値の調節を行うホルモンのほか、食物を消化するために使う消化酵素を分泌する膵臓が炎症を起こす病気です。膵臓の炎症が進むと、細胞がしだいに線維化し、膵臓全体が硬くなっていきます。慢性膵炎が続くと、膵臓がんになる危険度が高まることも指摘されています。

「母が慢性膵炎を怖がっていたのは理由がありました。親戚の人が膵炎から膵臓がんになって亡くなっているんです。

その人は医師でもあった方です。母はそのような方でもがんになって亡くなったのがショックであり、怖さを感じていたようです」

 和代さんは慢性膵炎と診断されてから、突然起こるおなかの違和感に悩まされるようになったとのこと。

「母はほぼ同じ時期から、甲状腺の異常も指摘されるようになりました。首が腫れているようになっていったんです。母は慢性膵炎を治療する薬と、甲状腺の薬を飲みはじめて、ようすを見ることになりました」

医師の指示をきちんと守って、薬を毎日飲みつづけたという和代さん。それでも血清アミラーゼの数値は、いっこうに改善しなかったそうです。

「薬によって数値は少し下がったものの、二〇〇を下回ることはありませんでした。母は免疫力が低下したのか、よくカゼを引いていました」

 

数値が基準値近くまで改善して首の腫れも治まり薬が不要になる

 

そんな和代さんに大きな転機が訪れました。二〇〇六年十二月から飲みはじめたガンマの油によって、慢性膵炎の数値が大きく改善しはじめたのです。

「ガンマの油は、もともと私が飲んでいたものでした。十二歳のころからアレルギー性鼻炎で悩まされていた私は、ガンマの油を飲むことで、アレルギーの症状が大きく改善したんです。症状がひどいときを一〇とすると、ガンマの油を飲んでからは、二程度のレベルで治まるようになりました」

息子であり、ガンマの油の体験者でもある卓磨さんのすすめということもあり、和代さんはガンマの油を朝・昼・晩の食後に二粒ずつ、一日計六粒を飲むようになりました。

「飲みはじめて半年後の二〇〇七年六月には、血清アミラーゼの数値が、ほぼ基準値の一三八まで下がったんです。

数値を見て、医師も安心したようでした。もちろん母も喜んでいました」

その後も薬と併用してガンマの油を飲みつづけた和代さん。数値は安定し、カゼを引かなくなるなど、和代さん自身も免疫力の向上を実感するようになったそうです。

「数値が安定したことで、母は医師から『薬はもう飲まなくてもいいですよ』といわれました。二〇一二年のことです。薬を飲まなくなっても母の数値は悪化することなく、いまでは基準値を維持しています。これはガンマの油の効果以外には考えられません。血清アミラーゼの数値は腎機能の異常によっても引き起こされるそうですが、母の腎臓に問題はありません」

 甲状腺の異常も改善した和代さんは、首の腫れも解消。何よりも薬を卒業できたことに、とても喜んでいるそうです。

 

埼玉県久喜市で「ヒロ美容室」を営む北野卓磨さんと奥さんのかおるさんは、ガンマの油の効果を実感しているそう

 

(カルテ)

北野和代さんのカルテ

発症(59歳)血清アミラーゼの数値が214まで上昇し、慢性膵炎と診断される。甲状腺機能の異常も現れる

悪化(65歳)治療を受けても数値は改善せず

開始(71歳)2006年12月から、朝・昼・晩の食後に2粒ずつ飲む

改善(72歳)半年後に血清アミラーゼの数値が138まで下がる。薬を飲まなくなっても数値が安定

現在(79歳)カゼを引かなくなるなど、免疫力の向上も実感

「ガンマの油」のご購入はこちらをクリックしてください。

商品説明画面に移動します。

ヘナに対しての質問シリーズ。明るくなりますか?

ヘナ及びヘナ&ハーブは白髪染に使われます。

ここでは純粋ヘナとヘナ&ハーブ(ヘナとハーブの粉の混合したもの)がありますが

ここでは純粋ヘナについて大きく説明します。

純粋ヘナは白髪がオレンジ色に染まります。オレンジと褐色の間くらいになる方もいますが

大体、濃いオレンジ色です。

白髪がまばらならば、純粋ヘナで染めると、オレンジ色の毛髪がまばらにある状態になります。

オレンジ色のメッシュの状態になりますので、綺麗ですね。

白髪が多くなれば純粋ヘナで染めるとオレンジ色の部分が多くなります。

白髪がとても多くなるとオレンジの頭になってしまいますので避けた方がよいですね。

白髪にオレンジ色の色素が入ると書きましたが、他の黒髪にもオレンジの色素が入っています。

純粋ヘナで染めると黒髪は黒髪のままですが、オレンジの色素が入ったことで、明るい場所では

ややオレンジかかっているかな、、。程度の変化があります。

髪がくすんでいる方にはこの純粋ヘナで染めると健康そうな髪に変わります。

また、真っ黒の髪が嫌な方がわずかに明るくしたい方にはうってつけです。

真っ黒の髪の方が僅かに明るくするには通常アルカリカラーを使います。

真っ黒の髪の方は4トーンから5トーンの明度です。それを0.5から1トーン上げるように薬剤を選定します。

そうすることで、

1、普段とあまり変わった印象を持たれたくない。

2、新たに生えてきた髪との差があまり目立たない。

という事が出来ますが、アルカリカラーには欠点があります。それは退色です。

0.5トーン明るくしても、髪の状態によりますが、どのような髪でも1か月後には1トーン差くらいにはなります。

2か月後にはもっとです。また、アルカリカラーは髪へのダメージが大きいです。

純粋ヘナの場合は退色がありません。ですから、プリンの状態になりません。(近くで凝視すればやっと判るくらい)

トーンで判断すると0.2、0.3トーン位でしょうか。(無理やりな当てはめですが)

そして」髪へのダメージもありません。

また、カラーリングの身体への影響を考える乳児をお持ちの方には喜ばれています。

ヘナ&ハーブは純粋ヘナにインディゴなどの他の色のハーブを混ぜて、茶色の方向へ持って行ったものです。

その場合は、白髪には茶色に染まりますが、黒髪は黒髪のままです。

トーンアップはありません。

白髪が多い方にはお勧めのカラーとなります。

ヘナに対しての質問シリーズ。真っ黒になりますか?

ヘナを取り扱っていますと、電話や道行く方々から多くの質問を受けます。

その質問の代表的なものを挙げてゆきます。

Q,真っ黒になりますか?

A,弊店のヘナは天然成分100%のヘナ、もしくはハーブ(ハーブも天然成分100%)を配合したものです。

  ヘナ100%はオレンジに発色しますので、白髪の部分はオレンジ。

  黒髪は黒のままですが黒髪にもオレンジの色素が入りますので、ほんのりとオレンジがかかります。

  明るい場所でみると判る程度です。

  アルカリカラー(普通のカラー剤です)のように脱色作用がありませんので茶髪にはなりません。

  くすんだ髪の毛は健康そうな髪の色になります。白髪が少な目の方にはおすすめです。

 

  白髪の多い方はヘナ100%ですとオレンジの頭になってしまいますので、

  そのような方はヘナにインディゴ(青、紫色素)等のハーブを混ぜたものを使います。

  発色はブラウンですが明るいブラウンから濃いブラウンまでいろいろ調合によって変わります。

  ヘナと同じく、白髪の部分がブラウンに。黒髪の部分は黒髪のままです。

 

  真っ黒になるヘナと言うのはケミカルヘナと呼ばれるもので、化学成分(ジアミンなど)が入っており、

  過敏症、アレルギーの方は反応をしてしまい、大変なことになります。

  以前に一般のカラーでかぶれたとか、普通のカラーをすると痒いなどの方は避けた方が良いでしょう。

  本来ならば人にはやってはいけないもので、取扱説明にはウイッグ用、と書かれています。

  弊店は扱っていません。

 

  また、法的に免れている、と言いますかグレーゾーンのハーブカラーがあります。※補足参照

  弊店は扱っていませんが、美容室によっては扱いがあり、和漢などのとても身体に良さそうな名前です。

  どのようなものかと言いますとハーブの粉に化学成分(ジアミンなど)が入ったものです。

  ジアミンが少ないと謳っていますが

  それなりに入っています。ジアミンアレルギーのある方はやってはいけません。

  そのようなことを知らずに施術をしてしまい、顔が真っ赤になってしまったことのある方が沢山います。

  心配な方はパッチテストをしてもらった方が良いでしょう。パッチテストで大丈夫ならやっても良いのですが、

  パッチテストも通常なら腕の裏側なのですが、そこで反応が出無なくても顔では出る方が居ますので要注意です。

  また、数日後に反応が出る方もいますので、怖いものなのです。

  

  ジアミンの量は一般のカラー剤はおよそ4%です。上記のカラーは2%と聞きました。

  ほんのわずかな量で髪の色を調整できることは化学の力はすごいことだと改めて思いますが、

  身体に合わない方がいらっしゃるのは事実です。

 

  ※補足 ヘナの粉にジアミンを混ぜたものが10年前以前使われていましたが、

       アレルギーの問題で使用中止となりました。

       ヘナの粉がダメなら他の粉なら良いだろうとヘナではないハーブの粉を使い、

       ジアミンを混ぜたものが美容業界に多く出回っています。

       ジアミンが少ないと謳っていますがそれなりには入っていますので、

       ジアミンアレルギーのある方は絶対にやってはいけません。

肩甲骨周りの筋肉を柔らかく。

女性の仕事に限らず、仕事をするとき、家事をするとき、下を見ることが多いです。

おそらく、ほとんど同じ姿勢を保っている事になります。

パソコンをするにしても前かがみにならないように気をつけたいものですね。

 

肩甲骨周りの筋肉の付き具合で、身体の歪みが判ることが多いです。

また、施術の前に背中から腰にかけて、手のひらで押してゆくと

大体の身体のくせが判ります。

身体のくせは皆さんあるので、いかに姿勢を綺麗に保っている時間が少ないかが判ります。

なるべく、肩甲骨周りを柔らかくするように、自宅での運動も欠かせないものになっています。

 

スピリチュアルな方から話をお聞きすると、肩甲骨の間の首寄りのところは

魂の出入りに必要なところだとか、、、、。

気功の勉強をされている方もそこを温めると良いそうな、、、、。

いろんな分野の方が重要視しているところなんですね。

 

 

ロハスカラー(HC染料)入りと天然成分100パーセントヘナ&ハーブカラーの違い

天然成分100パーセントヘナ&ハーブカラーは文字通り、天然成分だけですので

化学成分は一切含まれていません。おまけに農薬不使用です。

ロハスカラーはHC染料いりですので、ジアミンが含まれていないカラーとしては

厚生労働省が認めた成分ですので、安全性は折り紙つきです。

ではどちらが良いか。 

それは意見が分かれます。

当店では圧倒的に天然成分100パーセントヘナ&ハーブカラーのお客様が占めています。

ですがロハスがダメではないのです。しかし、おすすめが鈍ってしまう理由があります。

それは色落ちです。HC染料はマニキュアのような染料が細かい粒子となって

髪の内部に入り染まるのですが、細かい粒子だけあって髪の内部から出てきやすいのです。

それが色落ちです。すぐに元には戻りませんが、徐々に色落ちします。また、帽子などに色が付きます。

そうなると、おすすめできる方が限られてしまいます。

私がロハスカラーおすすめする方は

・天然成分100パーセントヘナ&ハーブカラーでは出せない黒に近い色、を求める方のみです。

ときどき、他店でヘナでいままでやってきたけど、、、、。と真っ黒の髪をしていらっしゃる方がおりますが

それはケミカルヘナです。ジアミンがしっかりと入っているハーブカラーも含まれます。

ジアミンかぶれをお持ちの方はしっかりかぶれます。

でも、ロハス的な、自然的な、良いネーミングをしているので、普通の方は分からないんです。

当店では他店で自然派とうたっていたカラーをして、かぶれた方が遠方から多くいらっしゃっています。

話が逸れましたが

どちらにしてもジアミンフリーで良いものですが、求める色、色落ちの具合で判断していただいております。

 

 

 

 ではだせないtt