ホーム>健康で美しい髪と体を求める貴方へ>2017年2月

2017年2月

尿管結石になってしまいました。でも、元気です。

ビックリしました。17日金曜日の朝に突然のキリキリというかシクシクというか右背脇腹の激痛です。

救急車を呼ぼうか迷いましたが

50分後には痛みが随分無くなったので仕事をしてしまいました。

朝の激痛ほどでは無いものの時々襲ってくるキリキリした痛みに耐えながら

何とか仕事をしました。何でもない時は全く痛くないのに前触れもなくキリキリと痛くなるのです。

でも、我慢していると数分後には治まってきます。何とも不思議な痛みです。

ヘナの放置時間が1時間あるので、その間に病院へ。すぐに診断が下りて尿管結石との事でした。

次の日の早朝にも激痛が襲い、救急車を考えましたが30分後には治まるのです。

その日も同じように時々襲ってくる痛みと戦いながらの仕事をしました。

痛いので、どのように過ごしたらよいのかなど、ネットに沢山出ているので読みまくりです。

その中で判ったのが石が出るまでひたすら我慢。でなければ体外衝撃波結石破砕法と言う手術をする。

大きさが5mm以下なら自然放出しやすい。(尿管の太さは5mm)

自然放出までの期間は3日から年単位。

膀胱まで行けば痛みは無くなる。

逆立ち、縄跳び、などの運動。水をたくさん飲む。のを推奨しているようでした。

現在の私の対策は

1、とにかく早く出るように水を沢山飲んでます。

2、そのあとはジャンプ運動と逆立ち。

3、痛みが夜中か朝なのでお腹が響くときは鎮痛剤を飲んでから寝る。(響きがあるとそのうち痛くなります。)

4、良くお風呂で温まる。

そのような事をしていますが石が出るのは何時になることやら。

 

 

 

 

ノンジアミンのカラー代表的なもの4つ。

ジアミンアレルギーがある方がしばしば見受けられます。

今までカラーリングをしても全然気になることが無かったのに

ここのところ痒みが感じられる、、、。などと言うのがそうです。

皮膚科のお医者様にかかると

ヘアダイを辞めなさい。と言われ、抗アレルギー薬を処方されます。

劇症になると治すのも大変な状態になりますので、

ちょっと痒みがあるけど、、。と言うのは大事に至る前のサインですので

ヘアダイを辞めるほうが良いです。

ヘアダイのかぶれの原因はジアミンと呼ばれる化学物質です。

白髪染めやヘアダイなど髪を黒くする、濃くすることに威力を発揮するものです。

ジアミンが無いノンジアミンのカラーリングで白髪染めがしたい方は以下のような方法があります。

 

①、ヘナカラー(天然100パーセント天然成分ヘナ&ハーブカラー)

 植物の粉で作られています。ヘナにインディゴを混ぜることによってブラウン色の白髪染めが出来ます。

 香草カラー、和漢などのカラーはロハスな感じで良さそうですが少ないながらジアミンが含まれていますので注意が必要です。

 弊店には香草カラー、和漢でかぶれた方が多くいらしております。ご自分の頭皮に合うかどうか心配される方は

 パッチテストをお勧め致します。ご希望の方にはパッチテスト用のカラーをお送りいたします。

 

②、マニキュアカラー

 マニキュアは髪にコーティングすることで色を付けます。完全に根元まで染められませんが綺麗な色味が特徴です。

 ノンジアミンです。

 

③、HC染料のカラー(ロハスカラー)

 HC染料はマニキュアの成分を微細化したようなもので根元から染めることが出来ます。

 欠点は色落ちが大きい事です。ノンジアミンです。

 

④、ブリーチ

 ブリーチは髪を明るくするだけの成分で白髪を染める力がありません。ですのでノンジアミンです。

 白髪を目立たなくするために黒髪を細かくすくい出して染めていくと髪も明るくなります。

 

以上が代表的なノンジアミンカラーになります。すべてが安全とは言えませんので

ジアミンアレルギーをお持ちの方はパッチテストをするなどして安全を確認するのが良いです。

※弊店では①のヘナ&ハーブカラーのパッチテスト用を用意いたしますので、気になる方はお問い合わせいただければお送り致します。