ホーム>健康で美しい髪と体を求める貴方へ>2016年11月

2016年11月

ギックリ腰の治癒日記

11月2日(水)

家の風呂掃除をしていたらギックリ腰をやってしまいました。

痛いなんてもんじゃなかったです。

立てません、座れません、寝られません、どうしようもありません、の状態です。

お店に行く30分前の出来事です。痛い中、脂汗を流しながら立っている状態で

早速カオルに応急処置で10分位でイッチノンBCOを使って筋肉の緊張をマッサージでややほぐして

猛烈な傷みが無くなりました。ただ立つのがやっとの状態です。

トイレに行くのもやっとなので自然と水分を控えてしまいます。

お年寄りの気持ちが少しわかったような気がします。

腰にコルセットを巻いて座って電話番です。座っているのもつらいですが我慢です。

出来るところは全てカオルにやってもらいました。

営業後に腰の施術をカオルにしてもらい、痛いながらも歩くことがが出来るようになりました。

温めるほうが良いか、冷やしたほうが良いかの判断は中々つきませんが

私の場合は温めたほうが直りが早いのではと思いました。

何故なら、冷やすと痛みが増して可動域が少なくなったからです。

ほんのわずかな動きでも激痛が走るようになったからです。

2時間のアイシングの後にその判断をして、逆に風呂で温めました。

実際に温めて筋肉の緊張をほぐせると痛みがだいぶん落ち着きます。

この判断は個人によって、また症状によって分かれるのでは無いかと思います。

 

11月3日(木) 

エビのように丸まって寝るのが楽だったので

そのように寝ていましたが、寝ていた状態で体が固まったことに朝、気が付きます。

起き上がるのに苦労しました。早速、風呂に入って固まった体を温めます。

風呂上がりにイッチノンBCOを付けてカオルにマッサージです。時間は30分位。

イッチノンBCOを使う理由は筋肉の緊張をほぐす時間が凄く短くなるためです。

筋肉の緊張をほぐすと随分と動きが楽になります。

腰に腹巻をしてホカロンを貼って何とか施術が出来ました。

2日目は正常に施術を終え、痛いながらも動いたのがリハビリになったのか

回復の速さを感じました。営業後は回復の速さに安心して、カオルの施術はしませんでした。

 

11月4日(金)

朝、またエビの寝かたをしていたので、エビのように体が固まってしまいます。

朝風呂に入って体を温めてみると可動域が広くなり、

ちょっと痛いですが歩く、座る、は正常に出来るようになりました。

ただ、店に行くときに車を運転しますが

その運転が腰にすごい悪いです。車の運転のせいで腰に痛みが走ります。

その日も正常にお店をしましたが途中空き時間があったので

30分弱、カオルに施術をしてもらい快調に施術をすることができました。

ただ、仕事をしていると腰に負担があるのか、だんだんと辛くなってきます。

完全に仕事に戻れたのが3日目でした。でも、傷みがあるのでビクビクしながら仕事をしていました。

カオル施術 短いのを入れて4回、全130分かなりの気を入れて施術をしてもらいました。

カオルによると気を入れないと治らないとの事、カオルも私の腰に気を取られてしまいグッタリです。

 

11月5日(土)

時間は少々かかりますが起き上がるのが楽になりました。

仕事が出来るという実感があります。

腰の張りを朝、カオルにほぐしてもらいました。もちろんイッチノンBCOを付けて。

シャンプーなど腰に負担のかかる仕事も出来るようになり、ホッと一安心です。

3日間腰が痛くてご飯が進まず、人参ジュースだけだったので、自然とニンジンジュース断食を

していました。

お腹の調子が良くなった実感があります。

思わずの副産物です。

 

この期間中、ご迷惑をおかけいたしましたお客様に深くお詫びを致します。

申し訳ございませんでした。