ホーム>健康で美しい髪と体を求める貴方へ>2016年6月

2016年6月

夏の着物を涼しく着る研究(1日目の写真)

夏の着物を涼しく着る研究(1日目の写真)

加須市・大天白公園に藤の花を見に行きました。


iPhoneから送信

夏の着物を涼しく着る研究(1日目)

 
 

3月16日に椅子の足に右足小指をぶつけて、骨折してしまいました。

お陰様だいぶ良くなってきましたが、残念な事に未だ思う様にお洒落な靴が履けずにおります。

パンプスやヒールはまだまだ先になりそうです。

骨折後医師から、『今の状態は草履や下駄が一番良い。』と言われました

。この際せっかくなので、これも勉強と思って、お出掛けの時に和服を試み様と思いました。

しかし今まで汗かきの私は、夏に和服を着ようとは思ってもいませんでした。

いよいよスタートです。


1日目


5月3日火曜日 晴れ(室温28度)


扇風機をスタンバイして始まりです。

その日は、べに花染めの単衣紬に塩瀬の帯を予定しましたが、とても、暑くって着れませんでした。

あきらめてお召し替えです。


麻の二部式長襦袢に薄手の単衣お召しと麻の単帯びにしました。

先程とは変わり随分と涼しそうです。


肌襦袢も着ないで、和装ブラの上に麻の二部式長襦袢を着ました。

しかし、上と下の襦袢がお腹周りで重なり且つ、紐で縛るから暑い!

とても伊達締めを使用する気になれず、そのまま着物を羽織りました。

紐一本がこんなに暑いと感じたのは初めてです。出来るだけ細くて柔らかく&短い紐を選んでみると、良い感じです。

随分違います!胸元の紐もアレコレ同様に悩んだ結果、コーリンベルトが涼しい事がわかりました。

余分な余り紐が無いので良い感じです。(初めてコーリンベルトを使用してみました。)


冬場はここで伊達締めをしてスッキリさせますが、今日は暑くって無理そうなので、何もしないで帯びに入ります。

単帯びに夏用の帯揚げ&帯締めを使用しました。最後、帯締めが暑い!この一本がこんなにも暑いのでびっくりしました。

そこで、レースの帯締めに変更してみると良かったです。

足元にも、涼しさの秘密がありました。長襦袢を少し短く着てみると、下から風が入り涼しかったです。


襟元は衣紋をしっかりぬいて、且つ首に襟が付かない様に横にも開けて着てみました。首元にも風が入り涼しかったです。

涼しく着る事は、綺麗に着る事だけでなくプラスのテクニックが沢山必要だという事がわかりました。


iPhoneから送信

健康な私がガンマの油(微生物由来のガンマリノレン酸)を飲む理由

ガンマの油(微生物由来のガンマリノレン酸=商品名イッチノン110)を

健康な私が飲む理由は

お通じが快調になるからです。

お通じだけの理由で飲んでいるわけではありませんが

アレルギーが軽くなる。

血液の流れが良くなって体の調子が良い。

元気だと元気が普通なのでなかなか違いが判らないのです。

一時期、ガンマの油を飲むのを忘れたら、便秘になってしまい

飲み始めたらすぐに元に戻りました。

最近は腸活が流行っているようですので

恐らく腸活にはとても良いのではと思います。

 

健康365の健康雑誌に私の母の事例が2015年1月号に載ったのですが

20年来の慢性膵炎が完治したのです。

ガンマの油を飲み始めて数値が下がり始め5年ほどかかりましたが

お医者様から薬は要らないと診断されました。

親がその体質なので私は予防のために飲んでいます。

また、親には脳血管に動脈瘤が小さいながらもあり、大きくはなってはいませんが

破裂するのが怖いので親には飲ませています。

私も調べてもらいましたら脳血管に奇形があったので

すぐにどうなるわけではないのですが何か起こると怖いので

血液の流れと血管の老化防止に飲んでいます。

ガンマの油は全身の細胞膜に働きかけ

結果細胞膜が若返り、柔軟性が復活し

血液に流れが良くなり=赤血球の柔軟性が良くなり(血液サラサラになる薬の作用とは根本が違う)

細かい血管の集まりである腎臓に不調がある方に支持を頂いております。

 

 

 

 

 

 

 

天然成分100パーセントヘナ&ハーブカラーとは

天然成分100パーセントヘナ&ハーブカラーは

ヘナ単品もしくはヘナにハーブの粉を混ぜてブラウンに染めるように調合したものです。

使われる原料はすべて植物の粉です。

簡単に言うと草木染を髪にしているものです。そのヘナ&ハーブの粉は

フランスのオーガニック認証を受けたもので特に安心して使うことが出来ます。

 

弊店ではその粉を溶くのも天然水を使っていますので

化学成分ゼロです。ジアミンアレルギーをお持ちの方でも

安心して髪を染めることが出来ます。

心配をなくすためにパッチテストを無料で行っております。

遠方の方、なかなかご来店できない方にはパッチテストのキットを送らせていただいております。

 

若干の色味の出方に個人差はあります。

真っ黒には出来ません。

刺激がゼロです。

頭皮、髪の毛が元気になってゆきます。

 

ハーブを混ぜていないヘナ単品で染めると白髪の部分がオレンジになり、黒髪は黒髪のままですが

太陽の下でよく見ると黒髪にオレンジの色素がちゃんと入っています。そのため

若干ですが黒髪の部分がわずかですがやや明るくなります。

でも、ヘアダイでカラーをした時のような「プリン」の状態にはなりません。

また、艶の無い髪が健康そうな艶のある髪になります。

 

が天然成分100パーセントヘナ&ハーブの主な特徴になります。

 

 

 

 

 

 

 

ホワイトブリーチを更にすすめました

役1ヶ月前にホワイトブリーチのメッシュをなさったお客様の

髪を更にもう1回ブリーチをしてホワイトに近づけました。

メッシュ部分はブリーチが5回目、メッシュ以外は3回目となります。

ホワイトブリーチをする場合、ブリーチを4回ぐらいして、

限りなくホワイトに近いペールイエローにして紫シャンプーをすると

一番きれいに仕上がります。

クリアーに紫の色素を入れて、紫があるかないかよく見ないとわからないとっても薄い紫

をトナーにすると黄色が取れるのですがわずかだが黄色が強く残っていると

汚い色味が出現してしまいます。

そうならないためには4回ぐらいのブリーチが必要になるのです。

弊店では3回でそのレベルを目指します。

その時点で髪はかなりのダメージを受けていて乾かすには

随分時間がかかるようになってしまいます。

経験者か美容師さんは判るかと思います。

結局、髪の傷みとホワイトの出具合の折り合いになります。

お客様の完成写真ですが髪の傷み具合を考えてこの辺が限界かな。

というくらいでブリーチをストップしています。

2016618211148.jpg