ホーム>健康で美しい髪と体を求める貴方へ>2013年

2013年

天然ヘナ100パーセントはこんな感じに仕上がります

当店では天然成分100%ヘナ&ハーブカラーをお勧めしていますが

そのなかで、一番人気が100%ヘナです。

ナチュラルヘナとも呼んでいます。

オレンジ発色がとても良く、白髪がオレンジに染まりますので、

白髪が比較的少ない方にお勧めしています。

また、黒髪がほんの僅かですがオレンジに染まりますので、

くすんだ黒髪が健康そうに見えますし、おしゃれに変わります。

とは言っても、ヘナはヘアダイのように脱色作用が無いので

茶髪のようにはなりません。でも、トリートメント効果も相まって綺麗になるんですよね。

 

施術前ヘナ施術前 ナチュラル.JPG

施術後

1ヘナ ナチュラル.JPGヘナ ナチュラル 2.JPG施術後PART2ヘナナチュラル.jpg

宮古島に行ってきました。(航空券はタダで、、、。)

宮古島に行くのも今回で5回目です。

宮古島の知人が昨年病気になってしまい、そのお顔を見に行くのも兼ねています。

おかげさまで元気そうで、一安心しました。

さて、航空代金はいつもの通り、ANAカードのマイルを利用した

特典航空券ですので、なんとタダなんですね。

7年前から我が家はその方法で旅行をしています。

北海道も沖縄も今回の宮古島も航空券はタダで、、、。

方法は

ANAカードを作る。

支払を全てカードにする。

その二つだけです。

使う出費はカードの年会費2100円だけです。

それと、最近マイルに移行するのにお金がかかるようになりました。

移行手数料が安いのはJCBです。だからANAJCBカードがお勧めです。

今まで通りの生活をしていて、勝手にマイルがたまるので

それを使って旅行をするのです。

何度も書きますが、航空券はタダです。旅行をしなければ、他の特典に換えられますので損はないです。

支払をカードに切り替えるのがチョット手間がかかるのですが

タダで航空券が手に入るのなら、やらない手はありません。

カード払いの引き落としにできるのはいろいろありますよ。

電気代、電話代、携帯電話代、新聞代、保険、場所によってはガス、水道(久喜市はまだダメです)

あとは日々の生活費をカードで払えるなら、そうする。

PASUMOやSUIKAの機能が付いたものもありますよ。

色々工夫をして、ポイントを貯めて、安くたくさん旅行をして下さいね。

 

宮古島から来間島を望む風景

宮古島 来間島を望む.jpg

 今回初めて訪れました来間島の長間浜(東洋一綺麗と言われる宮古島の前浜と同じくらい綺麗で、人が居ません)

長間浜.jpg

 

 

 

ナチュラルヘナは人気 茶髪からナチュラルヘナへの転換方法

ナチュラルヘナはヘナ100パーセントの毛染めです。

ヘナ100パーセントは白髪がオレンジ色に染まります。

適度な白髪の量ですと、メッシュを入れたみたいに

おしゃれな雰囲気になります。

おまけに髪も傷めない、トリートメント効果があり、色落ちもわずか。

とても人気があるのです。

 

白髪染めをなさっておられる方は栗色などのアルカリカラー(ヘアダイ)をしておられる方が

多くいらっしゃいます。

その際に、栗色や茶色の髪にナチュラルヘナをかぶせると、オレンジのコスプレの人のような

髪になってしまいます。

茶髪の方をナチュラルヘナに変更するには一手間が必要となります。

 

それは一度、茶髪を濃い色に染め直しが必要になることです。

その方法は白髪の量に合わせてメッシュをする要領で

ホイルワークにて茶髪のメッシュを作ります。

茶髪のメッシュ以外はトーンダウンさせます。

トーンダウンは弊店では酸性カラーを使い、極力髪へのダメージを少なくします。

出来上がった茶髪のメッシュに、ナチュラルヘナをかぶせると

根元から毛先まで、ナチュラルヘナ(オレンジ)の綺麗なメッシュが出来上がります。

金額はヘナの料金と酸性カラーの料金(ショート4725円とウィービングカラーフロント、サイド4200円)を足した金額になりますが

始めの一回だけです。

 

メッシュが出来ましたら、以前の茶髪仕上がりの白髪染めに比べて、プリンが出来ませんので、

違和感を感じなくても良いかと思います。だから、カラーの施術期間が短くカラーをする間隔が

長くなるのです。結果的にはお得になると思います。

天然成分100パーセントかRC染料入りか。

ヘナに対する知識をお持ちの方が増えたように思います。

最近でも、お客様から 本当に体に良いもの を望む声が多いように感じます。

例えばヘアカラー

ジアミンの影響でアレルギーを発してしまう方が最近ちらほらいらっしゃいます。

今までは全然アレルギーとは無縁だった方がです。

怖いものだと思います。

そのような情報が一般の方には常識のように広まりつつあるように感じています。

 

ある本に書かれているようですが

赤ちゃんの羊水の臭いがシャンプーの匂い。

また、その羊水が脱色剤の匂い。

などの話がお客様から教えていただきます。

本当なのか、、、、?とビックリしてしまうのですが、

研究者が書かれているのだからそうなのでしょう。

ご年配の方が良く仰る事に

出産したら、三週間は髪を洗うな。

髪は血の道に通じる。水を触るな。

などの話をききますので、昔からの言い伝えはあながち間違っていませんので、

信じてしまいます。

科学的な根拠は?ですが、すべてが科学で割り切れるとは思いません。何かがあるように思えるのです。

 

そのように思うと、ヘナはやはり良いものだと思います。

ハーブ&ヘナで100パーセント天然が一番ですね。

 

最近メニュー化しましたRC染料の入ったものはヘナにRC染料を混ぜた物ですが、

厚労省で安全性が認められています。

だから安全なのですが、

先程の羊水の話になると、出来る限り天然にした方が、、、思います。

「RC染料入り」に頼るべきところは

1、ジアミンを避けたい。(天然成分100%のヘナはもちろん入っていません)

2、天然成分100パーセントに出来ない色を求める。(濃い色にするためにRC染料を使います。)

3、ヘナより時間の短縮。

の三点にニーズがある場合が良いと思います。人により価値観が色々ありますので

色々な方に合わせられるようにメニュー化を図りたく思っています。

イッチノン 血管の若返りが重要です。

意識している人は少ないですが、私たちにとって血管の状態はとても重要です。血管の老化が進行することによって、心筋梗塞、脳卒中、腎不全などが起きるからです。つまり、健康で生きるために最も大事な事の一つが血管の若返りであり、若いうちから出来るだけ老化(動脈硬化)を防ぐことです。

 

血管はコラーゲンのチューブのような構造ですが、毎日の生活の中で絶えず細かい傷が生じます。私たちにはその傷を治す働きがあるので常に修理を繰り返しています。しかし、健康であっても誰でも加齢とともにコラーゲンをつくる働きが鈍るので、傷の修理がスムーズにいかなくなります。

 

そして傷口の修復がうまくいかないと、血液中のコレステロールやカルシウムなどが、傷口から侵入しやすくなります。コラーゲンの新陳代謝が低下して傷口の修復力が低下した状態は、すでに血管が柔軟性を失っていると言え、硬くなってきます。これが動脈硬化の始まりです。

 

また、血管に生じた傷口には、コレステロールが付着しやすくなります。それが積み重なると、血管を狭めるようになります。お粥のような状態でコレステロールが積み重なって血管の内側を狭くしていくのです。

さらに、コレステロールにカルシウムが沈着して粘土が固まったような状態となり、血管は脆く壊れやすくなります。

 

ガンマーリノレン酸は、血管を若返らせ、柔軟性を取り戻す働きがあります。血管に柔軟性を持たせる効果があり、糖尿病による壊疽にも有効な学会発表があります。

ただ、ガンマーリノレン酸でも不純物の多い月見草由来のガンマーリノレン酸は効果が薄いようです。イッチノンは不純物の少ない、微生物ゆらいのものなのでその効果は学会で示されています。

 

今や血管の老化による病気はとても多く、血管の若返りや老化防止は健康生活を送るために大きく役立つことは間違いありません。

 

血管老化の原因は加齢だけではありません。

食べ過ぎ、運動不足、喫煙、過度の飲酒、高血圧、ストレス・・・そして糖尿病です。

 

そして忘れてならないのは私たちには遺伝的体質があることを忘れてはなりません。

私たちは全員が生まれつき同じ体質ではなく、遺伝的な体質で血管の構造があまり丈夫でない人がかなりいるのです。青あざが出来やすい、鼻血が出やすい、若いのに歯茎から出血する、注射の出血がすぐに止まらない・・・

 

このような体質の人は血管の構造が元々弱いのですから、加齢等で更に老化する血管によって病気(心臓病、脳卒中、腎臓病など)になりやすいことは言うまでもないですね。

今すぐ、イッチノンを使って血管の若返りを図ってくださいね。

着物のアップ

お着物のお好きなお嬢様がいらっしゃいました。

お着物用のアップをしました。

篠塚様 アップ横顔.jpg篠塚様 アップ後ろ姿.jpg篠塚様 アップ後姿.jpg

リチェーボというパーマ

リチェーボというパーマがあります。

通常のパーマと比べて、髪へのダメージが格段にありません。

それは分子構造にあります。

通常パーマは髪の表面のキューティクルと呼ばれる魚の鱗のようなものを開いて

髪内部の結合を変えなくてはなりません。

キューティクルを開くにはアルカリが必要になります。

だから、パーマはほとんどがアルカリです。

また、キューテキクルを開くと髪内部の栄養分が流出し、結果髪に傷む原因になります。

リチェーボというパーマは弱酸性です。

なぜなら、キューティクルを開く必要がないからです。

このリチェーボは分子構造が平たいのです。

ですのでキューティクルの間を潜り抜けて、髪内部の結合を変えることができます。

当然、キューティクルは開く必要が無いので、弱酸性となっています。

初めて来店下さる方が髪の毛が傷みきっている場合のパーマはこれを使うことが多いです。

結果、傷まず、にパーマをかけることができます。

それを繰り返すと、髪がつるつるになります。

その時の希望でカラーをする場合カラーはポリサージュかヘナなどの植物成分になります。

 

そうすることで初めての来店時に傷んでいた髪の毛が本当によくなります。

ぜひ、お試しあれ。