ホーム>健康で美しい髪と体を求める貴方へ>2011年

2011年

自家製コーレーグスをつくりました。

沖縄の食卓には必ずあるものがコーレーグスです。

初めて沖縄に出かけた時からなんだろう?と思って判らなかったのですが

毎年、宮古島に出かけていてもわからずじまいでした。

 

宮古島のお姉さんから島とうがらしを送っていただいてから

これをどうしようと思っていたところ、沖縄の食卓や食堂に必ずあった

判らない液体に生とうがらしが浮かんでいる代物が思い浮かびました。

 

クックパッドで作り方を調べると泡盛に島とうがらしを入れて2週間置くだけ、

とのことでしたので、早速作りました。

 

2週間後、出来たコーレーグスを舐めると、「ギャー!」

辛い、辛い。すごい液体です。

 

主人と子供が辛い物好きですので、肉団子スープに数滴たらしておいしそうに食べています。

おでんやラーメン、にも合うと言っています。

辛さの中に、泡盛の爽やかな風味がたまらないそうです。

なぜか子供も同感しています。

伊良部島のカツオのだしと利尻昆布のだしのコラボ。

利尻の根昆布の粉末を手に入れました。あらゆるものに少しずつ入れています。

お米を炊くときに、お味噌汁に、煮物に、

天然ヨードが一番含まれているのは昆布です。天然ヨードよりも味に深みが出ます。

我が家ではだしを取るのに、沖縄の宮古島の朝市で買ってきたカツオ節を使っています。

宮古島の平良港の朝市でいつも1年分の大量買いです。

かつお節の大人買いでストレス発散です。

宮古島から船で30分位の伊良部島のかつお節です。

すでに削ってあるものを買ってきますのでだしを取るのは簡単です。

すごく濃厚なカツオのだしが取れるのです。

沖縄はカツオ節の消費量が全国1位です。

以前泊った、宮古島のペンションのお味噌汁がおいしくて、

カツオのだしのお味噌汁にはまってしまいました。

伊良部島のカツオ節は厚みがありますので、だしを取って捨てるには

もったいないので、ご飯を炊く時に一緒に入れてしまいます。

猫ちゃんが大好きそうなご飯になります。そのご飯に醤油を少し垂らして

おにぎりと作っていました。

美容室の昼ごはんはいつになるかわからないのでおにぎりがちょうど良いのです。

前置きが長くなりましたが、今までのカツオだしに根昆布の粉末を少し入れるのです。

猫ちゃんまんまにも入れるのです。

すると、だしに深みが出るような感じで良いのです。

 

イッチノンのリピートはご主人様の体調を気遣う奥様の気持ち。

イッチノン110は透析患者の方々に広く飲用されており、その実績は

兵庫県透析患者会の会報誌に紹介されることからも明らかです。

透析の治療をされる方々は年々増加の一途を辿っており非常に懸念される

傾向にあります。

イッチノンは透析をされる方々に当初は痒みを抑える効果が広まり、研究が進んだ

現在では血液の流動性の改善が期待されるものとして認識されております。

その結果は多くの透析学会資料にて発表されております。

さて、当店におけるイッチノンのご利用ケースは

ご主人様の健康を気遣う奥様の判断によることが多いです。

以下はその理由になります。

1.元気で働いていていただきたい。

2.夜勤なので、心配。ご主人様も飲まないと調子が違うと仰っている。

3.便秘気味なご主人様がこれを常用されていると快調。

4.顔色が良くなった。以前のクマが無くなった。

5.脳梗塞の家系なので、心配だから。

6.糖尿の気があるので、心配だから。

などとなっています。

何よりもご主人様を気遣う気持ちが一番の薬になっているのかもしれません。

イッチノン110

苦菜のおいしい食べ方2

苦菜は沖縄の方にはおなじみの野菜ですが、関東の人にはぜんぜん知られていないお野菜です。

文字どおり苦いので食べづらいのですが調理方法によってはとてもおいしいお野菜です。

我が家では小学生の子供がしっかりたべております。

以前、ご紹介したとおりビタミン、ミネラルが豊富で沖縄では身体の調子を整えるお薬として重宝されています。

さて、その食べ方ですが、簡単です。

1、苦菜を細かく切る。

2、多めののごま油で茎から炒める。頃合いを見計らって、葉の部分も。

3、だしを入れた溶き卵に小麦粉少々。(小麦粉を省いても良い)それを炒めている苦菜にかける。

4、焼けたら、ソースをつけて召し上がれ。

天然ヘナを希望される方が多くなりました。

天然ヘナはナチュラルヘナと呼ばれオレンジの色が綺麗な

植物染料です。白髪の比較的少ない方におすすめです。

今回のお客様も頭皮の保護、化学成分を避けたいためヘナに挑戦されています。

今は自然回帰の時代なのかなと思います。

お顔周りに白髪が多かったのですが、白髪の部分があまり多くなかったので

ナチュラルオレンジのヘナにしました。当然、化学物質は一切含まれていません。

オレンジのおかげでお顔周りが明るい感じに成ります。黒髪の部分もほんのりと

オレンジの明るさが出ます色落ちも少なく、

わたしの個人的な感想は抜け毛の減少、頭皮の健康が保てる。といった利点が多いものです。

 1ヘナ ナチュラル.JPG

 

ヘナ ナチュラル 2.JPG

ヘナ.JPG

青パパイヤ イリチー を作りました。(宮古島の食材を楽しむ会)

青いパパイヤが宮古島より送られてきました。

お客様の中にもグルメな方がおります。

青いパパイヤを頼んでくださいとのこと。

早速、お願いをして送っていただきました。

宮古島の食材を楽しむ会の欠点は

何が送られてくるかが判らない点です。

多くの食材が生産されているわけではないので、

収穫されたものだけが市場に並ぶのです。

当然、季節によって並ぶ食材が変わります。

ただ、頼んでおけば、市場のお姉さんが取っといてくれます。

青パパイヤは沖縄のお弁当を買うと必ずと言っていいほど

入っているおかずです。

今回は、我が家の味付けで作りました。

感想は噛みごたえのあるきんぴらといった感じです。

いくらでも食べられます。レシピはいろいろなところででている

ポプュラーな食べ物です。そのレシピを少し変えながら作りました。

パパイヤ イリチー.JPG

初めての食材ミズレモン (宮古島の食材を楽しむ会)

ミズレモンという食材が宮古島から送られてきました。

レモンの仲間かと思ったら、トケイソウの仲間でした。

検索すると、園芸用に出ているみたいです。

栄養価も高く、レモンのように酸っぱくなく、

甘酸っぱい南国の味がします。

種ごと食べます。

正式名称 パッシフロラ・ラウリフォリアpassiflora laurifolia

別名ミズレモン、ウォーターレモン、タマゴトケイ、キミノトケイソウ

パッションフルーツの中でも特においしいと言われている。

ブラジル原産の亜熱帯地域で栽培されている果樹です。

時計の文字盤に似た花が咲くことから、別名、

果物時計草(クダモノトケイソウ)とも呼ばれます。

果実は甘酸っぱく南国の風味があります。

ビタミンA、B、C、βカロテン、クエン酸、カリウムなどが豊富に含まれており、

老化防止、生活習慣病予防や疲労回復などにも効果があるそうです。

近年では、花や葉に含まれる天然成分ハルミンに、歯周病治療に役立つことが発見されたそうです。

 

ミズレモン.JPG

 

トリプル還元のパーマをしました

やや変性毛のあるお嬢様のパーマです。

変性毛のせいか髪のコンディションが日替わりに変わるので、扱いが大変だった方です。

以前、スピエラ(酸性パーマ)とチオでダブル還元のパーマをしました。

その時はバージン毛でしたのでリッジのあるウェーブを形成することができました。

2回目はカラー毛でしたのでスピエラ単体を使いましたがリッジの形成は弱いものでした。

今回、1回目のようなリッジのあるウェーブを希望されましたので、カラー毛ということもあり

トリプルの薬を使用しました。

1つめはスピエラ(酸性パーマ)の付巻、そしてカペリッチ製ジチオ(チオパーマよりも髪にやさしい)と

弱いシスのパーマ液を使いました。放置時間は5分。

中間水洗は多めに行い、十分に酸化させました。

一つ、一つが弱い薬を使いPH調整も考えながら、リッジをしっかり出すパーマです。

お手入れはタオルドライの後、ヘアクリームを揉みこみ、放置するだけの簡単セッティングです。

さやかちゃんパーマ1.jpgさやかちゃんパーマ3.jpgさやかちゃんパーマ2.jpg

私が天然ヘナを使う理由2

私が天然ヘナを使う理由は以前のブログで紹介しました、アルカリカラー(ヘアダイ)を使うと、

「頭が締め付けられる感覚」=孫悟空の感覚。があったからです。それがヘナを使うと

孫悟空の感覚が無く、ブーメラン(カラーやパーマで加温するための機械です)を使い

ましたが、孫悟空の感覚が全く無いのです。

それと同時に頭の消臭作用があります。汗などで頭皮の汚れを感じるときに

ヘナを使うと頭皮の臭いを感じなくなります。また、カラーの後にスッキリ感があります。

本日初めていらしていただいたお客様がアルカリカラーの使用時に頭皮の違和感を感じていた

のお話をいただきました。その内容はアルカリカラー使用時に頭皮のピリピリ感と頭痛があったそうです。

それが、天然ヘナを使用したら、全然、違和感を感じず施術ができたと仰っていただき、当店としても

とてもうれしいことです。

カブレはないけれど違和感を感じておられる方は結構多いのではないかと思います。

そのような方を含めて、カラー、&デトックスの提案ができたらと思っております。

今年も赤花そばが満開です。

久喜市栗橋には赤花そばまつりがあります。

毎年南栗橋で開催し、NHKへの投稿写真紹介で採用されることが多く、

放送後、見物にいらっしゃる方がおられます。

新幹線をバックにしての赤花そばはのんびりしてていいものです。

ただ、それほど広くないので、ややがっかりの声もあります。

が、秋晴れの日にのんびりと散歩するにはいいところです。

写真は近影ですが、赤花そばです。

南栗橋駅西口から駅を背にして、途中公園の小道を歩いて10分くらい。

お弁当や飲み物は途中の道から50メートル位逸れたところにある「マルヤ」

というスーパーがあります。また、赤花そばの近くにセブンイレブンがあります。

赤花そばの粉は後に、南栗橋のフレサという農産物直売所で販売します。

買われてそばを打った方にお味を聞いたら、「普通だよ」と教えていただきました。

赤花そば新幹線.jpg赤花そば接近.jpg